パーマをかけるとパサつきます。しっとりするようなパーマはありませんか?

パーマをかけてパサつく原因のひとつに、使用した薬剤がその髪に対して強すぎる、ということが言えます。パーマの工程は、まずロットなどに毛束を巻きつけ、1剤という薬で髪をふやかしながら薬を髪の内部に浸透させ、2剤という薬で固定しウエーブを形成します。
1剤が髪に対して強いと、髪の内部が溶け出してしまい保湿成分が減ってしまう、ということが起こります。
また、髪を固定する2剤が足りないと、髪が十分に固定されず、その後のシャンプーなどで髪の内部が流出してしまう、ということが起こります。これがパサツキの原因です。
髪にあったパーマ剤を選択し、適正にかける。施術中に保湿剤などを加えるなどすれば、しっとりするパーマを実現することができます。

  • 著者 hair@master